二次審査

建築家の家

 

こじまみつはる です。

 

ゴウヤが伸び始めた 栃木県宇都宮市の住宅 House M に著名な建築家の方々が。

東京から、ある二次審査のためにお越し下さいました。

 

その中に、私が大学生の頃、衝撃を受けた作品をつくられた建築家もいらして。
あのとき受けた感動は伝えられなかったのですが…。

 

感動を頂いた建築家に、自分がつくったものを説明しながら見て頂く、
とても感慨深い体験をしました♪

 

| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 15:48 | - | - |
よりそう

土間のある暮らし

 

こじまみつはる です。

 

栃木県宇都宮市の家 House M のグリーンカーテン。

 

土間テラスと庭の間に、緑がつたうネットをクライアントさんが設置。
夏、室内に日影をつくり、風を取り入れるための工夫です。

 

今年はゴウヤとキュウリの苗を植えたそうですよ。

 

設計でいろいろ話し合ったことを、様子を見つつ、ひとつひとつ加えています。
ご家族で生活を楽しみ、家と寄り添い合っていることが、ほんとうに嬉しい♪

 

| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 15:27 | - | - |
安納芋

薪ストーブの薪

 

こじまみつはる です。

 

栃木県宇都宮市の家 House M の一年点検に行ってきました。


クライアントさんがつくった薪置き場も加わり、さらに楽しい感じに!

冬は、薪ストーブが大活躍したそうです。

 

今年は、庭にあまーい安納芋の苗を植えたそうですよ。

みんなで収穫して、みんなで焼き芋。

 

おいしいだろうな〜♪ 楽しみですね〜♫

 

| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 13:41 | - | - |
うち

宇都宮住宅展示場

 

こじまみつはる です。

 

家のことを「うち」と言うことがあります。

家族のことも「うち」といったり、自分のことも「うち」と言ったり。

 

内と外の境はどこにあるんだろう。

 

栃木県宇都宮市の家 House M は、建主さんの要望を考えながら、

そういったことも考えた住宅です♪

 

| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 11:06 | - | - |
引き渡し

足利市 キッチン

 

こじまみつはる です。

 

栃木県宇都宮市の家 House T も引き渡し完了。

 

この家のキッチンは、シンプルにデザインしました。

 

窓辺の緑が白いカウンターに木陰を落とし、

シンク前の大きなFIX窓からは、川へと視線が抜けます。

 

料理するのが楽しくなりそうな コの字型キッチンになりました♪

 

| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 15:02 | - | - |
造作キッチン

ミーレ

 

こじまみつはる です。

 

栃木県宇都宮市の家 House M のハシゴとキッチン。

 

細く、薄く、つくりました♪

 

屋上につながるハシゴは、遠くから見ると光と解け合う細さ。

キッチンカウンターの厚みは、ミーレのIHの薄さに合わせて薄く。

床のタイル目地も細く。

 

そんなキッチン空間をつくりました♪

 

 

| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 10:00 | - | - |
お返事
建築家の家

 
こじまみつはる です。

栃木県宇都宮市の家 House M も もう少しで引き渡し。

ご家族と最終確認。

五月の心地よい日差しの中、みんなが楽しそう。
お子さんたちからは、打合せの度にいろいろなお手紙を頂いていました♪

みんなぁ〜、お待たせ!
この家で思い出をたくさんつくってね♪

 
| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 07:32 | - | - |
ジャンケン
宇都宮の建築家

 
こじまみつはる です。

栃木県宇都宮市の家 House M の2つの階段。

階段は、上下階に行く機能的なもの。
でも、もう少し違う意味合いがあってもいいな、と思います。

移動するためにあるけれど、腰を下ろして空を眺めたり。
兄弟で、じゃんけんして、一段一段、交互に昇り降りしたり。

いろんなことが自然におこるような場所になると良いなっ♪

 
| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 07:09 | - | - |
根っこ
宇都宮の家


こじまみつはる です。

栃木県宇都宮市の家 House M の配線工事。

電気の根っこです。

ここから家全体に、電気は広がって行きます。
植物の根が水を吸い上げ、道管を通って全体に広がって行くように。

分断する事なく、全体に広がる。
当たり前の事だけれど、当たり前にできていることが、すごい! と思える仕事。

 
| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 18:51 | - | - |
薪ストーブをつくる
オリジナル薪ストーブ


こじまみつはる です。
 
栃木県宇都宮市の家 House M では、オリジナルの薪ストーブをつくります。
 
その打合せに製作工場に行ってきましたよ。
イメージを伝え、図面にして、現場で細かい納まりを話し合う。
楽しくて、あっという間に時間が過ぎてしまいました♪

いい薪ストーブができそうです!

 
| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 10:45 | - | - |
広がる想い
 宇都宮市 住宅


こじまみつはる です。

建主さんとの現場打合せ。
栃木県宇都宮市の家 House M の工事も着々と進んでますよ。

お子さんが床組みの上で器用に寝転んでいました。
新しく建ち上がる家で、何を想っているんでしょうね。

これからは宇宙にも行ける時代。(宇宙の建物も設計してみたいなぁ〜)
この家で育って、どんな道に進んで行くのか、楽しみも広がります♪

 
| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 11:19 | - | - |
宇都宮で上棟
上棟 足利市

 
こじまみつはる です。
 
冬ならではの気持ちの良い青空が続いてますね。

その青空に、のびのびと立ち上がる鉄骨。
宇都宮市の家 House M が上棟しました♪
子供たちが楽しそうに家を眺めている姿は、微笑ましく、心が満たされるひととき。

宇都宮は、とても寒いですが、みなさん、引き続き宜しくお願いします!!

 
| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 11:22 | - | - |
心躍る二人組み
数学的美しさ

こじまみつはる です。

東京で、大学に行くバスを待っていると、前から白熱した声が。
耳を傾けてみると、数学系の大学教授らしい二人。

二人は、真新しい本を見ながら、美しさについて語り合っていました。
「この方程式の解き方は明瞭で美しい!」と、心躍る声で。
後ろから覗いた方程式は、解き方だけでなく、見た目にも美しく見えました。

栃木県宇都宮市の家 House M の配筋も、意味がある明瞭な並びに、心惹かれます♪

 
| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 07:35 | - | - |
宇都宮で地鎮祭
地鎮祭 宇都宮市

こじまみつはる です。

先日、栃木県宇都宮市の家 House M の地鎮祭が行われました。

前日から続いた雨も、地鎮祭が始まったとたんに止みました。
まるで、その土地の神様が皆を歓迎してくれているかのよう♪

地鎮祭終了後、現場監督さんからの質問攻め。
すごく細かいところまで見て頂き、主旨も理解されていて、嬉しく感じました!

みんなで良い方向へ向かって行けそうです!!
 
| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 19:58 | - | - |
辿り着いた先
足利市の建築家

こじまみつはる です。

栃木県宇都宮市の家 House M 。
もう少しで工事が始まります。

たくさんのスタディ。いくつもの模型。
その先で出会えたのは、生活を楽しむ ご家族ならではのカタチ。

この先は、工事業者さんと一緒に、更に良い建築を目指します!
 
| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 18:22 | - | - |
プレゼント
妖怪ウォッチ


こじまみつはる です。

栃木県宇都宮市 House M のお子さんから頂いた輪ゴムのブレスレット。

とても建築的で気にいってます。
単純な1つのものを操作することで 複雑さのある大きな全体に。

彼は以前も事務所のコースターを見て、後日 デザインしてつくってきてくれました。
最近は打合せの時も何かを製作したり、家の模型を眺めて想像したり…しています。

お姉さんは、妹のために妖怪ウォッチの絵を描いてあげ、妹さんが色塗り。
それをお兄ちゃんに負けずと私にプレゼントしてくれます♪ 
しかも、大量に(^_^)

そんな微笑ましい打合せも いよいよ大詰め。
家族での生活が楽しくなり、より創作意欲が湧きそうな家となりそうです♪

 
| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 12:43 | - | - |
ウッドデッキ
ウッドデッキ テラス


こじまみつはる です。

栃木県宇都宮市の家 House K です。

幅19m × 奥行1.4m 。
南の庭に面したウッドデッキの工事が完了しました。

テラスができるだけで、外は近くなり、地面も近くなります。

子供たちは素足で内外を走り回り、気持ち良さそう。
庭の芝は焼いたばかりで、少し焦げ色でしたが、それでも気持ちが良い。

竣工後3年。
いつも快く迎えてくれるご家族。
2人のお子さんも、未だに笑顔で走って来て、お出迎え。
変わらないご家族に、あたたかくなる1日でした♪

 
| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 15:40 | - | - |
雨の日
 屋根付き駐車場


こじまみつはる です。

雨の日、迷うことがあります。

車 から 玄関 まで、どうするか。

カサを使うか。
カサを使わずに走るか。
 
私は、ほとんど 濡れるの覚悟の小走り派。
 
そんな時、栃木県宇都宮市の家 House K は、建物の下に車を入れて、ガラス張りの玄関まで、濡れずに行けるようにつくりました。
 
これであれば、迷わず ですね♪

 
| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 18:42 | - | - |
犬のおうち
犬の家


こじまみつはる です。

栃木県宇都宮市の家 House K です。

この家は、家の中に家があります。
家族である犬のための家。

建主さんは既製品のケージではなく、家と一緒にデザインしたいと希望しました。

犬は、気軽に出入りすることも、出入りを制限することもできます。
小物やドックフードなど細々した物もキレイにしまえます。

そして、広々した景色も望めますよ♪

 
| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 17:34 | - | - |
ロケ地に
 宇都宮市の注文住宅


こじまみつはる です。

先日、栃木県宇都宮市の家 House K に行って来ました。

雑誌で、外国の車を特集するそうで、そのロケ地に選ばれました。
昔、乗ってみたかった車の新車だけに、並んでの撮影は嬉しかったです。

この住宅では、敷地を街に開くことで、街に広がりを与えました。
住宅は、塀などで敷地を閉じてしまいがちですが、
みんなの街だから、広がりと明るさを共有できたらいいなぁ... と考えました。

 
| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 11:02 | - | - |
栃木県宇都宮市の家の骨組み
宇都宮 家づくり


こじまみつはる です。

少し前ですが、栃木県宇都宮市の家 House K の家を訪れた時のこと。
飾り棚の上に「初めて観るのに、懐かしさを感じるモノ」が置かれていました。

建主さんが、夏休みを利用してつくられたとのこと。
建築学科を出ている方ではないのに、模型作りに挑む!ところが凄い。
構造図を見ながら作られたため、筋交いまで入っていて、しかも綺麗な施行。

完成してもなお、このようにして頂ける。
この家づくりに携われて良かったと感じるひとときでした。

| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 17:46 | - | - |
まだまだ続く青図
宇都宮 家造り


こじまみつはる です。

栃木県宇都宮市の家は、ご家族での工事を含めて、今回で4期目の工事となります。

毎回お話しを頂き、引き続きご依頼を頂けることを嬉しく思います。

3期工事で、ご家族が施行した約450㎡(272畳)の芝が、より魅力的になります!


| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 09:34 | - | - |