<< 中学2年生の夢 | main | 真っ白な壁 >>
高層ビル
インスタレーション

 
こじまみつはる です。
 
これは、2012年の夏に行われた展覧会に出展したインスタレーション。

見る角度や高さ、光のあたり方によって、塊の濃度や見える物が変わるように考えました。

これを展示した空間では、人は、これを中心に円を描くように歩き廻ったり、近づいたり離れたりしていました。
すごく遠くから見ると蜃気楼のように全体がゆがみながら透けます。
この変化は写真だけでは伝わりにくいので体感してほしい。

インスタレーションとしてつくった構想ビルですが、こんな高層ビルを設計してみたいと思っています。

こんなビルをつくりたい!という方は、是非お声がけを! (^_^)v

 
| Mitsuharu Kojima Architects | 伊勢崎市のこと | 15:29 | - | - |