<< おなかのなか | main | 軒下 >>
あたたかさを知る。

ハナファームキッチン

 

 

光が降り注ぐビニールハウスの中にいました。
ハナファームキッチンのデザインを考え始めるとき。

オーナーは、そこでつくられる野菜の美味しさを伝えるために店を始めたい、と話してくれたんです。
そこで、手をかけられてつくられる野菜について学びました。 


手と土が、交じり合いながらつくられる野菜。
一つ一つ収穫され、運ばれる野菜。
一つ一つ洗われ、調理される野菜。
そして、自分の目の前に、運ばれてくる野菜。

野菜は、いくつもの想いを載せた手によって、僕らの前に来る。
当たり前のことなんですが、
でも、それがとても大切なことだと心から感じたんです。

だから、その手に載せられた想いに包まれるような場所をつくりたいと思いました。

それが Hanafarm Kitchen なんです。

 

こじまみつはる

 

| Mitsuharu Kojima Architects | 本庄市のこと | 15:44 | comments(0) | - |