<< 中庭 | main | 開始♪ >>
エンガワ

縁側

 

栃木県宇都宮市の家 House ME です。

 

木の板を張っているところは、ここでは「エンガワ」と呼んでいます。

 

縁側は、普通、外に向かってつくるのですが、ここでは内向きにつくりました。

 

この部屋は、薪ストーブを楽しんだり、家事仕事や勉強をしたりする場所。

庭は、畑仕事や芝の手入れ、BBQ、子供と芝生で遊んだりする場所。

そんなふうに、室内と庭を積極的に楽しまれるご家族。

 

そのご家族のために、縁側は、屋外と屋内を分断するように設けるのではなく、

空間が、ゆるやかにつながるよう設けました♪

 

こじまみつはる

 

| Mitsuharu Kojima Architects | 宇都宮市のこと | 15:10 | comments(0) | - |