<< 月刊ハウジングに掲載 | main | キョリ >>
3つが 1つに
伊勢崎市の注文住宅

 
こじまみつはる です。

群馬県伊勢崎市の家 House K です。
 
この家は、窓の面積以上の風を取り込むために、傾斜した壁を2つ設けました。

個室のある2階は、周辺からの視線を遮るために、壁を高くしています。
通常であれば、高い壁は室内を暗くしますが、2つの傾斜壁は、光が反射し合い、室内を明るくし、空に向かう開放的な空間とします。

夜は、店舗のような観賞用の照明は使わず、室内で使用する無駄のない明かりが、傾斜壁に反射し合い、外へ溢れ出るようにしました。

それらから生まれたカタチが、人をやさしく迎えるように考えました。
 
| Mitsuharu Kojima Architects | 伊勢崎市のこと | 08:28 | - | - |