<< キョリ | main | 雑誌の撮影 >>
縁側
伊勢崎市のデザインハウス


こじまみつはる です。
 
群馬県伊勢崎市の家 House K です。

この家の2階は、空しか見えない 風の抜ける空間です。
 
夏の日差しは、写真からも分かるように室内に入らないように設計しました。
冬は、日差しが低くなるのを利用し、室内奥まで入るように設計しています。


外部デッキの床の高さは、室内側から室内向きに座れる高さ。

昔の縁側は、庭向きの印象が強いですが、ここは住宅街なので、室内向きに。
木デッキの縁側に座ると、家族を感じ、空を感じ、群馬連山を感じます。

この斜めの壁に寄りかかり、風を感じながらのお酒も良いかもしれませんね♪

 
| Mitsuharu Kojima Architects | 伊勢崎市のこと | 11:29 | - | - |