<< 建築と寄り添う | main | 小山市の夜桜の下で >>
日常使い
ガレージ 屋根


こじまみつはる です。

栃木県足利市の家 House A です。

建主さんからは、車から玄関まで濡れないで行けるようにしたいとの要望。

既製品の組み合わせではなく、家のデザインにあったモノ。
シャッターなどで閉ざされたガレージではなく、開かれた日常使いのカーポート。
そんな要望でした。

白い壁を折り曲げて屋根をつくり、駐車スペースを覆いました。
その 白い屋根 と 白い壁 と 白い建物 に囲まれ、ガラスに覆われた空間が玄関。

自転車数台、軽自動車2台、普通車2台がゆったり駐車できる場になりました。

 
| Mitsuharu Kojima Architects | 足利市のこと | 12:04 | - | - |