<< 雑誌の取材 | main | HOUSIGに掲載 >>
キズナを深める
前橋市 建築家


こじまみつはる です。

群馬県前橋市の家 House S のリビングのような空間。

多くの住宅のリビングは、外部とダイレクトに繋がっているように思えます。
家の中だけで考えると、個室はプライベートな空間、リビングはパブリックな空間。
そう考えると、大きく開くのはリビングが良いと思えます。
でも、せっかく外に開いたのにカーテンをしめ、閉鎖感を出すのはもったいない。

この家では社会を通して、住宅との繋がりを見つめ直してみました。
リビングでのくつろぎは、パブリックというよりも、あまり見られたくない状態。
服装も。気を抜いた楽しそうな笑顔も。 守られているからこそ、心が安まる。

そんなことを考え、外部と少し距離をとった開放的な空間をつくりました。
ここにいると 一緒にいる人との親しさ がより深まるのを感じます。

 
| Mitsuharu Kojima Architects | 前橋市のこと | 08:43 | - | - |